道路交通安全

事故多発地点等における交通事故要因の科学的分析
交通事故の軽減を図るためには、事故そのものの主要な要因を明らかにすることが重要となります。 対象地点における現況の交通環境データと統計的な事故データを用いた解析から想定される事故要因をもとに、ASSTranseによる交通状況のシミュレーションを行い、より精度の高い(科学的な説明力のある)事故要因について分析します。 分析結果は、対策立案の根拠として、PIなどでお役立て頂けます。

* 事故発生過程をプレイバックでき、CGでご覧になれます。

チャート図1

交通事故軽減対策の立案および効果の予測・評価
交通事故は、ドライバ(知覚・認識・判断・操作)、車両(機能・性能)、交通環境(道路構造、沿道状況、交通量など)の相互作用のもとで発生する複雑な事象であることから、これを解析的に取り扱うことは困難でした。

ASSTranseは、実際のドライバの運転挙動データやドライビング・シミュレータを用いた実験データをもとに、ドライバの知覚・認識部、判断部・操作部からなるドライバ・エージェントモデルを加味した道路交通ミクロシミュレーション・システムであり、交通事故の予測が可能です。

具体的な検討内容は、次の通りです。

  1. 交通事故要因にもとづく効果的な対策案(信号現示の改善、安全標識等の設置、線形改良、ドライバの知覚行動へ影響を及ぼす障害物の変更など)
  2. 対策案によるドライバのエラー発生率、運転行動の変化
  3. 対策案の事故軽減効果
  4. 対策案の負の効果(新たな形態の交通事故が発生するなど、従来困難であった負の効果)

チャート図2

中央分離帯の切れ目廃止による事故抑制効果分析
中央分離帯は、沿道企業等の要望により切れ目を設けている箇所がありますが、これが右折車による影響で事故の原因となっていることが多い状況です。

ASSTranseは、中央分離帯の切れ目における右折車等の挙動をシミュレーションできることから、その危険な状況を沿道企業者(住民)に分かりやすく説明する資料を作成することができます。

生活道路の面的な交通事故対策
生活道路における死傷事故率は、幹線道路(一般国道、主要地方道、都道府県道)の約2倍と高くなっています。市街地内の事故発生割合の高い地区では、交差点の改良、歩行空間の整備、信号機の整備、交通規制などの何らかの対策により、安心して移動できる環境を創り出すことが必要になっています。ASSTranseは、車両、自転車、二輪車、歩行者などの移動体をミクロにシミュレーションできることから、科学的な分析ができます。事故要因の検討、様々な交通事故対策の立案、整備効果、対策案の評価などが分析項目になります。

写真

ヒヤリハット指標を用いた事故予防安全対策の提案
交通事故の発生には至っていないが、危険な幹線道路があります。生活道路でも安全とは言えず、重大な交通事故が起きる危険性があります。予防安全の観点からASSTranseによりヒヤリハット値を予測し、事故発生の可能性が高く、対策が必要な個所を抽出し、未然に事故を防止できる安全対策を提案します。

具体的な検討内容は、次の通りです。

  1. ヒヤリハット指標の定義
  2. ヒヤリハット値の予測、要因分析
  3. 予防安全対策の立案
  4. ヒヤリハット値の相対低減率、効果検討