ログデータ出力と運転再現機能

DS-nano-では、走行後に2つのファイルを出力することができます。
1つはDS自車両のログデータ(時系列データ)です。
もう1つはASSTranseが出力するDS自車両とその周辺の他車両・歩行者に関するログデータ(時系列データ)です。


DS自車両のログデータ(時系列データ)を使用すると、運転再現(プレイバック)を行うことができます。

配置データの作成


もう一方のASSTranseが出力するDS自車両とその周辺の他車両・歩行者に関するログデータ(時系列データ)は、自車の走行車線に対する運転挙動、他車両・歩行者に対する運転挙動を分析するためのデータです。
たとえば、
 ・先行車に対するTTC(Time-to-Collision)の時系列データ
 ・車線変更時の側方先行車、後続車との相対位置・相対速度の関係
 ・右折開始時のギャップ時間
などを算出するための基礎データとなります。