CGカスタマイズ

DS-nano-では、CGの描画プログラムに、Microsoft DirectXライブラリを使用しています。
表示の元となるポリゴンデータをXファイル形式で用意して、その配置データを作成することで、背景CGを独自に作成することができます。

具体的には、以下のようなステップを踏むことになります。

Step 1: (必要に応じて)Xファイルの作成

Xファイルを作成するためのモデリング・ツール(ポリゴンデータの編集、テクスチャの貼り付け、Xファイルの出力などを行うツール)として、Metasequoia を推奨しています。

※Metasequoiaについての分かりやすい入門書が販売されており、独学で習得することが可能です。
※Metasequoiaを利用したポリゴンデータの作成方法についてのトレーニングコースを提供しております(有償)。
※ASTJで作成したXファイルの販売も行っています。



Step 2: Xファイルの配置データ(static_objectx.xml)の作成

DS-nano-に付属する道路環境エディタを使用して、ポリゴンデータ(Xファイル形式)の配置データ(どの位置、向きに、どのくらいの大きさで表示するか)を作成します。
配置データはxmlファイル(static_objectx.xml)として出力されます。

配置データの作成


Step 3: 実行時

DS-nano-実行時に、作成したstatic_objects.xmlファイルが読み込まれて、それに基づいてCGが表示されます。また、背景となるCGポリゴン以外にも、車両や歩行者、信号機、画面に表示するアイコンなど、動的に表示するCGポリゴンについても、CG表示プログラムに送られてくるコマンドと予め設定してあるxmlファイル(dynamic_objects.xml)に基づいて表示されます。

配置データの作成