アイカメラのご紹介

OpenCVを活用したプログラム開発

OpenCVというオープンソースの画像処理ライブラリを活用したプログラム開発も行っております。

これまでに社内業務で利用するための簡易アイカメラを自社開発いたしました。
レンタルおよびソースコードの販売も行っております)

自社開発した簡易アイカメラのご紹介
アイカメラは、被験者の視線方向を計測するための装置です。

自動車のドライバーが運転中にどこを見ているかを計測する等の用途があります。

被験者の瞳を撮影するための赤外線カメラと視線方向を撮影するためのカメラ、及びカメラ画像から視線方向を計算する画像処理プログラムから構成されています。

※画像をクリックすると、拡大します

プログラム構成

 

・アイカメラデータ分析ツール紹介動画

YouTube Preview Image

 

・プログラムの構成

作成したプログラムは、カメラデータ取得部と画像処理部およびGUIから構成されています。

※画像をクリックすると、拡大します

プログラム構成

・アイカメラ開発で使用したOpenCVの関数

開発したプログラムの各部で、OpenCVの機能を利用しています。

これらのライブラリを活用することで、高機能なプログラムを、短期間で開発することができました。

※画像をクリックすると、拡大します

OpenCV

また、アイカメラの精度向上のために、OpenCVだけではなく、時系列データのリアルタイム補間・データ再構築などの技術も用いています。

レンタル・プログラム販売のお知らせ

簡易アイカメラ・システム一式のレンタルを行っております。

  価格: ノートPC込み 1日 \120,000円 (送料・消費税別)
       ノートPC無し  1日 \110,000円 (送料・消費税別)

性能・精度の確認を行って頂きまして、ご納得頂いた上でご利用いただけます(確認のためのレンタル費用は無料です。ただし、ご満足いただけない場合の返送時の送料はご負担ください)。下記までお気軽にご相談ください。

また、ご要望に応じてプログラムのソースコードを販売いたします。

弊社アイカメラを数日間お使いいただき、プログラムの動作をご確認頂いた上でご判断いただけます。

「アイカメラ・システム一式(アイカメラ・ハードウェア、ノートPC、ソフトウェア)」としての販売につきましても承っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:
株式会社アストジェイ
ソリューション開発研究所
 坂本 憲彦 
メール: sakamoto[at]astweb.co.jp   ※[at]を@に置き換えてください