ドライバ・エージェントのパラメータ

ASSTranseのドライバ・エージェントは、以下のパラメータを持っており、この値によって車両挙動が変化(その結果として交通流も異なる様相を呈)します。

  • Headway Time[sec]:
    車頭時間で、この数値を小さくすると車間を詰めて走行し、大きくすると車間を空けて走行します。
  • Headway Distance at Stop[m]:
    停車時の車間距離で、この数値を小さくすると、車間をつめて停車し、大きくすると車間を空けて停車します。
  • Velocity Control Gain[G]:
    通常走行時の加減速Gを指定します。この値を大きくすると、急減速・急加速するようになります。
  • Velocity Control Gain[G]:
    通常走行時の加減速Gを指定します。この値を大きくすると、急減速・急加速するようになります。
  • Time-to-Signal[sec]:
    信号が黄・赤となったときの通過・停止判断の閾値です。
    この数値が小さいと、余裕を持って止まるようになり、大きいと止まりにくくなります。
  • Gap Acceptance for Turn[sec]:
    右折時の右折開始・停止判断の閾値です。
    この数値が小さいと、対向直進車がいても右折する傾向が強まり、大きいと右折しなくなります。

専用ダイアログから数値を設定できるようになっています。
パラメータ値は、プリセットされている確率分布に基づいて設定することもできます。
ドライバ・エージェントパラメータ